詩とGedicht のあわいで

プロフィール

Ayako Buhtz

ライフワークとして、私の好きなドイツ語の詩を日本語へ、日本語の詩をドイツ語へ翻訳しています。
ドイツ在住の日本人です。

詩の翻訳について

詩は、単語や文の構造などひとつひとつに、文化的背景や言葉の意味が凝縮されていたり、単語の意味以外にも語のリズムや音が大切です。そのため詩の翻訳は不可能だと言われることもあります。

そういった前提があったうえで、私の翻訳の目指すところは、できる限り、元の詩を読んだ人が感じることと、私の翻訳を読んだ人が感じることを同じにすることです。

その詩を創り出したときに作者が頭の中に思い描いていたであろう、言葉になるまえの情景を私の頭の中に再構築し、それを訳詩でも表現することを試みています。

元の詩の単語等をそのまま訳した場合、その訳詩を読んだ人の頭の中に広がるイメージが元の詩と異なるのではないか、不自然な文になっていて読んだときに気持ちが入り込んでいかないのではないか、と思う部分については単語や文の構造は元の詩のそれとは変えています。
そのうえで、元の詩のもつリズム感もできるだけ訳詩でも表現しようと試みています。

試行錯誤しながらの翻訳ですが、原詩の素晴らしさをたくさんの人に伝えられたらと思います。

著作権について

本サイトに公開している詩のうち、作者の没後70年以上経っているなどの理由で著作権が失効している詩については、訳詩の著作権は翻訳者に帰属します。著作権が存在している詩については、訳詩を公開するにあたって著作権者に著作権料を支払っており、訳詩の著作権は元の詩の著作権者および翻訳者に帰属します。