mittendrin zwischen Shi und Gedicht

そばにいたい

エーリッヒ・フリード

君のそばにいたい
今していることの
最中で抜け出して
君のもとへいってしまいたい

ただ君だけを見て
重ねた手と手より近く
くちづけた唇より密接に
君のそばにいたい
君の中でやさしく君に近づいて
外側から君にくちづけて
内側から君を愛撫する
こうやって ああやって

そして君を胸いっぱい吸い込みたい
ただずっと吸い込みたい
深く、もっと深く
そしてそのまま飲み込んで

でも時々距離をとる
君が見れる距離
手のひら二つ分の距離をとって
また 君に くちづける

Das Gedicht handelt davon, dass der Autor eine geliebt Frau vermisst, die er nicht treffen und berühren kann. In meiner Vorstellung, taucht er in das Meer seiner Emotionen ein. Er schwimmt darin zu ihr und sie finden endlich wieder zu einander. Seine Liebe zu der Frau berührt mich und auch seine respektvolle Art seine Begierde auszudrücken. 
Originalgedicht “WOLLEN” Erich Fried

© 1985, 1996, 1998 Verlag Klaus Wagenbach, Berlin