月夜

ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ それは夜空が大地へとそっと口づけるようだった。薄花明りに大地がもう夜空の夢を見られるように。 風は畑を駆け抜けて穂はゆるやかに波打った。森は静かにさざめいて星澄み渡る夜だった。 そして…